意外と知らない?LED照明に取り替えるメリット

コスパの良さは有名!

LED照明がコスパが良い事は有名ですよね。寿命が蛍光灯の4倍となっている事で交換の手間がかからない事や消費電力が白熱電球の10分の1で毎月の電気代を安くする事が出来ます。また、電源のオンオフを切り替える事で寿命が短くなる事もないのでトイレや洗面台といった場所にも設置が可能です。酸化炭素の排出量も少ない事や水銀を全く使用していない事から環境にも優しいといったメリットもあり、住宅だけではなくビルや店舗と様々な所で見かける事が多くなっていますよね。

LEDの安全性と意外な効果とは?

安全性が高い事でもLED照明は注目や話題を集めているんですよ。ほとんどの商品でフィラメント素材やガラスが使用されているので振動や衝撃に強く耐久性があります。割れにくいので怪我をする心配をする事もありません。また、意外と知られていないのが紫外線が出ないといった点です。紫外線が出ない事で美術品の劣化を防ぐ事が出来るだけではなく、害虫が集まらないといった特徴があります。街灯でLED照明の普及が進んでいるのにはちゃんとした理由があるんですよ。

LED照明はインテリアにもなる?

現在のLED照明では、昼白色から電球色の商品が多くなっていますが将来的にはフルカラー調光が出来るようになるんですよ。室内の雰囲気に合わせた発光をLED照明1つで出来るようになるのでインテリアには欠かす事が出来なくなるかもしれないですよね。カラーの調光は出来ませんが、街中で見かけるイルミネーションのほとんどはLED照明が使用されているんですよ。また、他の照明とは異なり発光時に熱くならない事から今まで設置出来なかった場所に照明を付ける事も出来ます。

LEDライトパネルは電力消費量が少なく、配線設備も発熱しないので様々な環境で使用することが出来ます。その一方で衝撃には弱く、水濡れで漏電することもあるので取り扱いには細心の注意を払うことが大切です。