定期的な外壁塗装は、家を長持ちさせる秘訣

外壁塗装はなぜ必要か

家の外側というものは、紫外線や温度の変化、風雨などの影響を受け、日々、何らかの劣化をおこしているといえます。ぱっと見ただけではきれいそうに見えても、汚れやヒビ、カビ、錆びなどがあったり、塗装の剥がれや色あせなどが見られることがあります。これらを放置すると、まず、美観が損なわれてきます。また、防水効果が落ちてくるので、雨水や湿気が建物の内部に侵入しやすくなり、腐食などの原因となって、家全体の劣化に繋がってしまいます。

外壁塗装をするタイミングは

建物によって一概にはいえませんが、一般に、10年から15年くらいに一度、外壁塗装をすることが、家を長持ちさせるといわれています。傷みがひどければ、10年にならなくても施工したほうがよいですが、傷んでいないように見えても、15年以上何もしないで過ごしてしまうというのは、リスクがあるといえます。また、状態が非常に悪くなってから、大がかりな修繕をするより、定期的なケアをしていく方がトータルでは費用的にも安く抑えられます。

外壁塗装の業者をどう選ぶ

外壁塗装の業者を選ぶ時は、できれば複数の業者の見積もりをとり、価格だけでなく、内容の比較をすることが肝心です。たとえば塗料の種類や塗り方の違いによって。耐用年数が変わってくることがあるからです。安いけれども安いなりの施工であれば、塗り替えの頻度が増すことになり、結局お得とはいえません。かといって、高額だからといって安心ともいえない悪徳な業者が横行している現実もあります。外壁塗装を考えたなら、まず、自分で下調べをし、相場や塗料の特質などの基礎知識をつけて、周到に準備して信頼できる業者を選びたいものです。

外壁塗装の相場は、1平方メートルだとシリコンで1500円から2500円、フッ素だと2500円から5000円ほどになります。